2019年 中途入社/営業
加藤 千夏
KATO CHINATSU

現在の仕事内容を教えてください

Solaで開発している勤怠システム<Solaポータルサービス>の展開に関わっていて、
主に販売サービスや問い合わせサポートなどを行っております。

Solaを志望した理由は?

風通しが良くスピード感を持った会社で働きたいという思いが前職の時からありました。
先進的なイメージのあるIT企業で転職先を探していたのですが、実際に面接を受けてみると
採用ページは洗練されていても実際に働いている人に元気がないなと思い、この業界で働くことに少し不安を感じていました。

そんな思いを持ったままSolaの面接を受けたところ、皆さん凄く元気な感じでしたし
若い人も多く明るい感じの職場だったので、それがとても好印象でSolaに決めました。

入社してみて、スピード感や先進的なイメージはどう感じましたか?

入ってみて本当にびっくりしました!

前職では承認経路が複雑でどうしても時間がかかってしまったり、「こういうが事やりたい」と新しい提案をしてもなかなか実現できないことが多くありました。
Solaでは思いをしっかり表現できれば判断も早いですし、承認されればすぐに反映されます。
その速さは昨日提案したことが今日には実現というレベルです。

面接のときに聞いてはいたけれど、本当にこんなに早く決断実行されるのか!というのを肌で感じました。
先進的なイメージはそのままです!

自分の思いを表現しやすい環境があるということでしょうか?

もちろん自分の意見を整理して持っておく必要はありますが、身近な先輩や上司は当然の事、社長も含めた全社員がきちんと話を聞いてくれますし「こういう風にしたらもっと良いんじゃないか?」とやり方や道筋を教えてくれたり、改善もしてくれます。

会社全体が建設的で社員を導いてくれる感じがありますので、
そこでより仕事が楽しくなるというのは入社してすぐに実感しました。

身近な先輩や上司とのエピソードや印象について教えてください

入社後すぐに先輩のもとで教わりながら業務を進めていたのですが、1を聞いたら10返ってくるくらいの手厚い教育でした。
その先輩に限らずSolaでは聞けば誰でも懇切丁寧に教えてくれるというのは、文化かなと感じています。

IT業界は未経験だったので、IT知識や専門用語など分からないことはとても多くありました。
自分なりに調べてみて「営業で説明しづらいな」とか「どう進めていいのかわからない」というところを周りの人に聞くと、
皆さんすごく優しく丁寧に答えてくれるためとてもありがたいなと感じています。

Solaで気に入っているところは?

会社全体が会社を良くしていこうという思いを持っていて、それが実際に滞りなく実行されるところですね。社員のことを考えて「こうしよう」「ああしよう」というアイディアが出てから導入されるまでが凄く早いです。

入社してまだ1年ちょっとですが、その1年の間でも社員のことを考えた制度が追加されていますし、これから先もっと良くなっていくんだろうなと感じています。
その渦中に自分がいるのかと思うとわくわくします!

入社後に成長できたところは?

入社以前は複数の仕事を同時に進行させることは得意ではなかったのですが、それが出来るようになった事は著しい成長かなと思っています。

これはSolaがどんどんと仕事を任せてくれて挑戦できる環境があることや、品質と同時に効率性を追求している社風にあると思っています。
契約して終わり。ではなく、その後のサポート対応や運用にも携わることができるため製品への理解も深まり、より説得力のある営業ができています。

Solaに入社してから、できることの幅がとても広がりました。

今後どんな人と一緒に働いてみたいと思いますか?

自分の考えをためらう事なく言えて、受け止め、実現のためにサポートしてくれる環境や文化がSolaにはあります。

いま現在思っていることがあっても、それを言いづらい環境で働いている方もいると思います。
まだ就業経験のない新卒の方でも「こう働きたい」「こういう仕事してみたい」「こうすればもっと良いのでは」といった
自分なりの考えを持っている人と一緒に働きたいと思っています。

入社を希望する方へメッセージをお願いします

入社を希望する方へメッセージをお願いします

新卒の時にしか見れない会社や応募できない会社があると思います。その中でもSolaを選んでいただきたいと思いますし、その価値がある会社だと思っています。

私は中途入社ですが、だからこそ困っている人がいたら部署を越えて助け合うような文化や様々な良さを際立って感じていますし、「働く」という事は実に楽しいことなんだと実感できています。

実際に応募して面接などをとおして、Solaの文化を是非一度肌で感じてもらえたら良いのではと思います!